窓が防犯の重要ポイント!ガラス交換で防犯対策しよう

ホームセキュリティ

空き巣では窓ガラスを割って侵入されることも多くあります。空き巣は、侵入に時間がかかると犯行をあきらめることもあるので、防犯性の高いものにすると安心です。ガラス交換をすることで防犯対策を行ないましょう。

防犯の盲点は窓ガラス


ドアの鍵は付け替えて鍵破りに対処すれば、防犯対策は完璧ですか?
一戸建て住宅の場合に多い空き巣の侵入経路は窓です。窓に続いて玄関の無施錠とガラス破りがほとんどです。鍵の取り替えでは不十分なところもあるため、防犯性の高いものにガラス交換する方が良いでしょう。
強化ガラスにガラス交換するだけで安全ですか?
強化ガラスは、通常のガラスに比べると3.5~4倍の耐風圧強度を持っています。しかし、強度が高いからと言って防犯性に優れているものではなく、強めの衝撃を与えると簡単に割ることができます。そのため防犯対策としては向いていません。
一階の窓のみ対策しておくだけで良いのでしょうか?
高い場所は侵入しにくいと考えている人も多いと思います。そのため、逆に油断しやすい場所と言えるでしょう。電柱や木、塀などの足場があれば二階へ侵入することは、意外と簡単なので注意が必要です。
格子付きの窓はガラス交換しなくても問題ないですか?
窓の外に防犯のために面格子がついている家も多くあります。しかしその面格子は、ドライバー1本で外すことができます。面格子があるから空き巣に入られる心配がないという安心感から、鍵をかけ忘れてしまう人も多いようです。用心を怠らないようにしましょう。

ガラス交換は効果的な防犯対策

空き巣犯がガラスを割って侵入する手口は、ドライバーなどの先が鋭いもので静かにガラスを割る方法とバールなどの硬いもので打ち破る方法、ガスバーナーなどでガラスを熱してガラスを割る方法などがあります。通常のガラスではどの方法でも簡単に割ることができます。そのためガラス交換は防犯性を高めるうえで効果的です。

空き巣の侵入による窓被害

空き巣の被害は窃盗だけではない

空き巣が家に侵入するために様々な手口で窓を割りますが、侵入されて窃盗の被害に遭ったうえにガラス交換や修理、時には歪められたサッシや穴を開けられたドアの修繕費まで負担しないといけなくなることもあります。被害に遭いながら、修理費用の負担も考えるととても大変です。中には被害に遭うことで精神的な被害をかかえる人も少なくないようです。そのようなことが起きないように手口ごとの予防策を知っておくと安心できるでしょう。

火災保険で備える今後の空き巣被害対策

実は火災保険に加入していると盗難による汚損などの被害を受けても、補償を受けることができます。加入している保険を確認しましょう。例えば、建物を対象に保険が適用される場合、空き巣により建物にダメージがあれば保険金を受け取ることができます。また、家財が対象になっていれば、それらが空き巣で被害を受けた際に保険金を受け取れます。火災保険の加入も合わせて防犯対策をすることで被害を効果的に抑えることができるでしょう。

TOPボタン